異境の大地 (Alien Earth)

Translator: 宮脇孝雄 (MIYAWAKI Takao)
Illustration: 菊池みどり
in: 別冊奇想天外, No. 7 (Vol. 4, No. 5) (April 1979) , pp. 130-152.
Note: 19790420

内容紹介
チーク材を探索して歩いているファリスは、インドシナ高地のジャングルで、普通の人間より百倍も遅いスピードで生きる男たちを見つけた。これを見た同行のガイドは、“ハナチ憑き”だと言って急に怯え出した!

目次
1 緩慢な生命 130
2 科学の魔術 133
3 邪神の誘惑 140
4 想像を絶する世界 145

kisotengai2

呪われた銀河 (The Accursed Galaxy)

Translator: 酒匂真理子 (SAKO Mariko)
Illustrator: 佐竹美保
in: 奇想天外, Vol. 3, No. 7 (No. 27) (June 1978), pp. 183-189.
Note: 19780601

内容紹介
これはごくまじめなお話です。だれでもきっと、ああそうだったのかとひざをたたくにちがいありません。ご存じスペースオペラの神様エドモンド・ハミルトンの作品で、初出はアスタウンディング・ストーリーズ誌1935年7月号。のちにThe Best of Edmond Hamiltonという短篇集にも収録されています。

kisotengai197806

プロ (The Pro)

Translator: 伊藤典夫 (ITO Norio)
Illustrator: シオヤ忠和
in: 奇想天外, Vol. 1, No. 5 (Aug. 1976), pp. 138-149.
Note: 19760801

内容紹介
宇宙飛行士として一人ロケットに乗りくむ息子を前に、SF作家バネットは冷たいかたまりを呑み下していた(目次)。

kisotengai197608