Captain Future, Man of Tomorrow

Captain Future, Man of Tomorrow
Publisher: Pulpville Press, August 7, 2005 (Paperback edition)
Publisher: Pulpville Press, December 19, 2005 (Hardcover edition)
Publisher: March 12, 2013 (ePub edition)
Pagination: 298 p. ; 6 wide x 9 tall
ISBN: 978-1448633296 ()
ISBN: 9781257149667 (ePub)
Contents:
The Return of Captain Future (CF#21)
Children of the Sun (CF#22)
The Harpers of Titan (CF#23)
Pardon My Iron Nerves (CF#24)
Moon of the Unforgotten (CF#25)
Earthmen No More (CF#26)
Birthplace of Creation (CF#27)
“Folks, you’ve all heard about Captain Future, the scientific wizard who lives up there on the Moon with his three queer Futuremen. You know he’s crushed dozens of super-criminals and scientific dangers that threatened us people of the nine worlds. You’ve never seen Future or his pals. Few people ever have. But you know that when danger threatens, they’re on the job. Well, you’re now going to learn all about Captain Future and the Futuremen.”

Die Rueckkehr von Captain Future

Die Rueckkehr von Captain Future
Translator: Uebersetzer: Frauke Lengermann
Edition: Deutsche Erstausgabe
Publisher: Golkonda Allgemeine Reihe, 4: 1. Aufl. (TB), 2010
Pagination: 162 p.
Serie: Captain Future: Verschollene Abent. 1
ISBN: 978-3-942396-04-2
Preis: 14,90 EU
Curtis Newton, Beschützer der Erde und Retter des Sonnensystems, ist in den Tiefen des Weltalls verschollen. Werden wir ihn und seine Freunde, die heldenhaften Futuremen, jemals wiedersehen? Ist es möglich, das Captain Future, der Roboter Grag, der Androide Otho und das lebende Gehirn Simon Wright in der Andromeda-Galaxis auf einen Gegner gestoßen sind, dem sogar sie nicht gewachsen sind?
Diese und andere Fragen beantwortet SF-Großmeister Edmond Hamilton in vier längeren Erzählungen, die im Jahr 1950 in den USA erschienen sind und hier erstmals auf Deutsch vorgelegt werden.
Contents:

  • Nachwort / Hardy Kettlitz
  • Die Rueckkehr von Captain Future – The Return of Captain Future (1950) (US)
  • Kinder der Sonne  – Children of the Sun (1950) (US)
  • Nerven aus Stahl – Pardon my Iron Nerves (1950) (US)
  • Die Harfner des Titan – The Harpers of Titan (1950) (US)

Review

  • Urbanek, Hermann,  Die Rueckkehr von Captain Future, in: Wolfgang Jeschke (Hrsg.), Das SF-Jahr 2011

cf-de21

Kapten Franks Återkomst (The Return of Captain Future) CF#21

Kapten Franks Återkomst (The Return of Captain Future) CF#21
in: Jules Verne Magasinet/Veckans Äventyr, [2nd Ser.], No. 4 (Arg. 2, 1970)
Contents:
1. I månlaboratoriet 2
2. Fransmännen återkomst 7
3. Främmande fiende 12
4. Sista vapnet 18
cf21-sw

キャプテン・フューチャー・ハンドブック (Original Collection)

in: SFマガジン, Vol. 24, No. 8 (No. 302), 臨時増刊号 (July Extra Issue), (July 1983)
Note: 19830715
目次及び内容紹介
宇宙軍大元帥よりごあいさつ / 野田昌宏 pp. 4-8
太陽の子供たち (Children of the Sun) CF#22 /
tr. 野田昌宏+九志本克巳 (NODA Masahiro+Kushimoto Katsumi); ill. 水野良太郎 pp. 9-33
空洞惑星ヴァルカンに隠された<古代帝国>の怖るべき装置とは・・・・・・!?
1 フューチャーメンの探索 10
2 謎のとりで 16
3 恐るべきメタモルフォシス 21
4 <輝く者たち> 27
忘れじの月 (Moon of the Unforgotten) CF#25 /
tr. 野田昌宏+九志本克巳 (NODA Masahiro+KUSHIMITO Katsumi); ill. 米田裕 pp. 34-57
ジョオンから緊急連絡が入った! ガーニー司令が捜査中に行方を絶ったという・・・・・・
1 <第二の生> 35
2 居酒屋<三つの赤い月> 40
3 帰還の館 45
4 忘れ得ぬもの 52
<物質生成の場>の秘密 (Birthplace of Creation) CF#27 /
tr. 野田昌宏+山本孝一 (NODA Masahiro+YAMAMOTO Koichi); ill. 天野嘉孝 pp. 58-86
厳重な監視システムを破り、月面基地に何者かが侵入 – 極秘資料が盗み出された!
1 フューチャーメンの砦 60
2 大宇宙の神秘 63
3 <生命の場> 71
4 <見張り>の力 78
キャプテン・フューチャーの帰還 (The Return of the Captain Future) CF#21 /
tr. 野田昌宏+川合康雄 (NODA Masahiro+KAWAI Yasuo); ill. 佐藤道明 pp. 88-114
アンドロメダ星雲より、フューチャーメンが持ちかえった謎の物体の正体は・・・・・・
1 月面基地へ 89
2 フューチャーメン還る 95
3 異形の敵 102
4 最後の武器 110
もう地球人では・・・・・・ (Earthmen No More) CF#26 /
tr. 野田昌宏+北野喜樹 (NODA Masahiro+KITANO Yoshiki); ill. 坂口尚 pp. 116-142
キャプテン・フューチャー一行は、仮死状態で宇宙を漂流していた一人の男を救助したが・・・・・・
1 目覚め 117
2 宇宙からの帰還 123
3 地球の人々 130
4 もう地球人では・・・・・・ 135
衛星チタンの<歌い鳥> (The Harpers of Titan) CF#23 /
tr. 野田昌宏 (NODA Masahiro); ill. 山野辺進 pp. 144-168
<生きている脳>サイモン・ライトが、もう一度生ま身の体をとりもどした時・・・・・・
1 衛星チタンの待ち人 145
2 とんでもない計画 150
3 人間・サイモン・ライトの復活! 155
4 恐怖の<歌い鳥> 162
イラストギャラリー / 文 野田昌宏; 写真提供 岡田正哉 pp. 169-176
“破壊王”ふたたび / 構成 井上博明・園山靖輔; イラスト・文 錦織正宜・青井邦夫・田中精美; コメット号デザイン 川合康雄; 協力 スペース・フォース pp. 177-208
WHO’S WHO in Captain Future / 山本幸一 pp. 209-217
<新キャプテン・フューチャー>風前の灯! 冥王星ドーム都市 / 野田昌宏 pp. 219-336
シミュレーション・ゲーム太陽系一周レース / 製作 岡田厚利; 構成 園山靖輔; 協力 スペース・フォース pp. 337-343
キャプテン・フューチャー書誌便覧 pp. 345-344
エドモンド・ハミルトン年譜 pp. 348-346
Let’s Read Captain Future さぁキャプテン・フューチャーを英語で読んでみよう・・・・・・ / 野田昌宏 pp. 368
Pardon My Iron Nerves (CF#24) pp. 367-349
cyaputenfuyurchiyar-hb

キャプテン・フューチャー全集 ; 11 . 鉄の神経お許しを、他全短編 (Original Collection)

Translator: 野田昌宏 (NODA Masahiro)
Illustrator: 鶴田謙二
Publisher: 東京創元社, 2007.01.31
Illustrator: 鶴田謙二
Pagination: 599 p. ; 16 cm
Series: 創元SF文庫 . キャプテン・フューチャー全集 ; 11
Note: <キャプテン・フューチャー全集>完結! pp. 549-566
Note: エドモンド・ハミルトン作品リスト p. 567-596
Note: キャプテン・フューチャー・シリーズ 作品リスト p. 598-599
ISBN: 4-488-63721-7
内容紹介
シリーズ長編の終了から4年後、アメリカ本国でキャプテン・フューチャーは短編シリーズとして復活した。ロボットのグラッグがなんと精神衰弱になり、冥王星衛星の自動採掘機たちが作業停止した事件の解決に、転地療養をかねて単身送り込まれた――著名な表題作等全7編に加え、原雑誌に掲載されていた掌編サイド・ストーリー17編を一挙収録。巻末には詳細な著作リストを付した。
目次
1. キャプテン・フューチャーの帰還 (The Return of the Captain Future) CF#21 / tr. 野田昌宏+川合康雄 (NODA Masahiro+KAWAI Yasuo)
1 月面基地へ 11
2 フューチャーメン還る 23
3 異形の敵 38
4 最後の武器 52
2. 太陽の子供たち (Children of the Sun) CF#22 / tr. 野田昌宏+九志本克巳 (NODA Masahiro+Kushimoto Katsumi)
1 フューチャーメンの探索 67
2 謎の砦 79
3 恐るべきメタモルフォシス 89
4 <輝く者たち> 100
3. 衛星チタンの<歌い鳥> (The Harpers of Titan) CF#23 / tr. 野田昌宏 (NODA Masahiro)
1 衛星チタンの待ち人 119
2 とんでもない計画 129
3 人間・サイモン・ライトの復活! 139
4 恐怖の<歌い鳥> 152
4. 鉄の神経お許しを (Pardon My Iron Nerves) CF#24 / tr. 野田昌宏 (NODA Masahiro)
1 鉄の男 169
2 冥王星への使命 182
3 マックたち 193
4 狂った月 207
5. 忘れじの月 (Moon of the Unforgotten) CF#25 / tr. 野田昌宏+九志本克巳 (NODA Masahiro+KUSHIMITO Katsumi)
1 <第二の生> 225
2 居酒屋<三つの赤い月> 234
3 帰還の館 245
4 忘れ得ぬもの 259
6. もう地球人では・・・・・・ (Earthmen No More) CF#26 / tr. 野田昌宏+北野喜樹 (NODA Masahiro+KITANO Yoshiki)
1 目覚め 275
2 宇宙からの帰還 285
3 地球の人々 298
4 もう地球人では・・・・・・ 311
7. <物質生成の場>の秘密 (Birthplace of Creation) CF#27 / tr. 野田昌宏+山本孝一 (NODA Masahiro+YAMAMOTO Koichi)
1 フューチャーメンの砦 329
2 大宇宙の神秘 337
3 <物質生成の場> 350
4 <見張り>の力 362

OPUS#226 Return of the Captain Future, The [CF#21]

OPUS: #226
Title: The Return of Captain Future
Author: Edmond Hamilton
Year: 1950
Type: novelette
Series: Captain Future
Series Number: 21
“The Man of Tomorrow Clashes in Fierce Combat with Mankind’s Deadliest Enemy – the Linid!”
Publications:

    • Startling Stories, Vol. 20, no. 3, January 1950, (Jan 1950, ed. Sam Merwin, Jr., publ. Better Publications, Inc., $0.25, 164pp, Pulp, magazine) Cover: Earle Bergey
    • Startling Stories (Canada), Vol. 20, no. 3, January 1950
    • Fantastic Adventure Stories, No. 2, Pulp Tales Press, 2008.7

Reviews:

  • Gammell, Leon L., The Annotated Guide to Startling Stories, Starmont House, 1986, p. 65